【バスケW杯2023】カナダ代表メンバーまとめ SGA バレット ブルックス

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

毎日熱戦が続いているバスケットボールワールドカップ2023。

いやあ、幸せな毎日です。

今回参加している32カ国のうち、最も予想ができないチームが、カナダ代表です。

メンバーをみれば、アメリカ代表に次ぐスター軍団ですが、国際大会での実績はない、近年のカナダ代表。

東京オリンピックの予選にも、アンドリュー・ウィギンズやRJ・バレットなど、豪華布陣で挑みましたが、予選決勝トーナメントで、延長の末にチェコに敗れ、オリンピックに出場もできませんでした。

ただ、今回のバスケワールドカップには、予想以上のスタープレイヤーが集結。

残念ながら、これまで代表を支えていたアンドリュー・ウィギンズ(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)と、昨シーズンついにNBAチャンピオンを勝ちとったジャマール・マレー(デンバー・ナゲッツ)は出場を辞退しましたが、優勝してもおかしくないメンバーが揃っています。

もっとも、優勝もありえるし、ヒョコっと敗ける危うさも、ビンビン感じるカナダ代表。

今回は、実績はないものの、凄いメンバーがそろったカナダ代表について語ります。

目次

2023年バスケW杯 カナダ代表とは

2023年8月の時点で、カナダ代表は世界ランキング15位。

NBA選手を多く抱えるカナダ代表ですが、これまで国際大会では結果を出せていません。

東京オリンピックは予選で敗退、前回2019年のバスケW杯では、1次リーグでオーストラリアとリトアニアに敗れ、最終順位は21位に終わりました。

アメリカ代表にも言えますが、NBA選手が主力のチームは、シーズンオフの短い時間で戦術を構築しなければならない難しさがあります。

カナダ代表も、主力は7人のNBA選手。

これまでカナダ代表が国際大会で結果が残せなかったのも、短期間でチーム力を上げることができなかったからです。

ただ・・・今回のワールドカップに挑むカナダ代表のメンバーを初めてみた時、正直震えました。

2023バスケワールドカップ カナダ代表
背番号
0 ルーゲンツ・ドート(オクラホマシティ・サンダー)G 193㎝ 24歳

1 ニッケル・アレキサンダー・ウォーカー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)G 196㎝ 24歳

2 シェイ・ギルジャス・アレキサンダー(オクラホマシティ・サンダー)G 198㎝ 25歳

3 メルビン・エジム(Unicaja Baloncesto )F 201㎝ 32歳

7 ドワイト・パウエル(ダラス・マーベリックス)F 208㎝ 32歳

9 RJ・バレット(ニューヨーク・ニックス)G‎/F 198㎝ 23歳

11 カイル・アレキサンダー(Hapoel Tel Aviv )F 208㎝ 26歳

13 ケリー・オリニク(ユタ・ジャズ)F/C 211㎝ 32歳

15 ザック・エディー(Purdue Boilermakers )C 224㎝ 21歳

23 フィル・スクラブ(BAB Bahcesehir Akademik)G 191㎝ 30歳

24 ディロン・ブルックス(ヒューストン・ロケッツ)F 198㎝ 27歳

25 トレイ・ベルヘインズ(Casademont Zaragoza)G 188㎝ 27歳

オクラホマシティ・サンダーのエースで、2022-23シーズンのオールNBAファーストチームに選出された、シェイ・ギルジャス・アレキサンダー(SGA)。

SGAのチームメイトでディフェンスの鬼、ルーゲンツ・ドート。

SGAの従兄弟で、東京オリンピック予選、カナダ代表で1試合平均16.7得点をあげた、ニッケル・アレキサンダー・ウォーカー。

マブスのゴール下を支えるドワイト・パウエル。

高い得点能力と、ディフェンス力を兼ねそなえた、ニックスのオールラウンダー、RJ・バレット。

ビッグマンながら、3ポイントシュートも得意とするベテラン、ケリー・オリニク。

そして、バスケットボールセンスは高いが、何かと話題になることが多い「悪党」ディロン・ブルックス。

とても個性的で魅力的な7人のNBA選手が中心となるカナダ代表は、アメリカ代表に次ぐスター軍団ですね。

ポジション的にバランスもすごくいいと思います。

国際試合のカナダ代表といえば、「選手は揃ってるけど、思いのほか弱かったなあ。」で終わることが多かったのですが、今回はもしかしたら優勝争いも・・・と期待を抱かせるメンバーになっています。

とにかく心配は、実績がまったくないことだけですね。

現在FIBAの世界ランキングは15位。

今回も正直、国際ルールでの勝ち方を知っているヨーロッパ勢には、コロッと負けるのでは・・・と考えていました。

ところが、バスケットボールワールドカップ2023、カナダ代表は初戦で、世界に大きなインパクトを与えます。

優勝候補に挙げられていた世界ランキング5位のフランス代表に、95対65、30点差で圧勝したのです。

今回のカナダ代表は、これまでとは違うかも!

がぜん優勝候補の一角として注目を集めると、2戦目はレバノンを128対73、55点差で一蹴しました。

なんと9人が2ケタ得点をあげ、チーム最高がRJ・バレットの17得点というバランスの良さ。

レバノンのチーム力を差し引いても、理想的なオフェンスで、さらに評価を高めています。

さらに1stラウンド最終戦では、ヨーロッパの強豪ラトビアを、101対75で一蹴しています。

これは、本当に優勝あるかも!

今回は、魅力的なメンバーが揃ったカナダ代表の中で、特にキーマンとなるであろう3選手について語りたいと思います。

カナダ代表 背番号2 シェイ・ギルジャス・アレキサンダー

所属 オクラホマシティ・サンダー 背番号2 
ドラフト 2018年1巡目全体11位
通算  21.1得点 4.6リバウンド 4.5アシスト FG48.4% 3P34.7%
2022-23 31.4得点 4.8リバウンド 5.5アシスト FG51.0% 3P34.5% 

2022-23シーズン、NBAで最もブレイクを果たした選手、シェイ・ギルジャス・アレキサンダー(SGA)。

前年の24.5得点から、一気に31.4得点まで平均得点をアップし、若手がそろうオクラホマシティ・サンダーの不動のエースとして、リーグに旋風を巻き起こしました。

なんとオールNBAファーストチームにも選出され、2021年8月にサンダーと交わした、5年1億7200万ドル(約187億8000万円)の巨大な契約が、間違っていなかったことを証明します。

MAX契約のニュース記事を見たときは、「サンダーやっちまったなあ!」と思ってたんですけどね。

とにかく多才なSGAですが、特に注目すべきは、ドライブのうまさでしょう。

緩急をつけて、敵のディフェンスをスルスルとかわして、フィニッシュする能力は、NBAでもトップクラスです。

視野も広く、敵の動きをみて、アシストパスも出せるため、ディフェンスするのは難しいでしょうね。

ミドルシュートの成功率も高く、中・外どちらも止められない選手に成長しています。

ルーキーシーズン平均得点は10.8(クリッパーズ)だったものが、2年目サンダーに移籍すると、19.0、3年目23.7、4年目24.5と毎年成績をアップ。

そして5年目の2022-23シーズン、ついに1試合平均31.4得点を記録。

これは、ジョエル・エンビード(33.1得点)、ルカ・ドンチッチ(32.4得点)、デイミアン・リラード(32.2得点)に次ぐ、リーグ4位の成績でした。

また、ディフェンスもSGAの大きな武器になっています。

身長は198㎝ですが、両手を広げたウイングスパンは、驚異の211㎝!

腕の長さと、圧倒的なクイックネスをディフェンスでも生かし、2022-23シーズン、1.6スティールと1.0ブロックを記録しています。

1.6スティールはリーグ4位。

1.0ブロックはリーグ25位ですが、センターやパワーフォワードの選手がランキングに並ぶ中、ガードの選手としてはトップの成績です。

ちなみに平均ブロックは、アル・ホーフォード(ボストン・セルティックス)や、バム・アデバヨ(マイアミ・ヒート)よりも多いと言えば、そのすごさがわかってもらえるのではないでしょうか?

とにかく穴のない選手に成長したSGA。

今回のバスケワールドカップでも、圧倒的なスキルとスピード、そしてリーダーシップで、カナダ代表を牽引してくれるでしょう。

カナダ代表 背番号9 RJ・バレット

所属 ニューヨーク・ニックス 背番号9 
ドラフト 2019年1巡目全体3位
通算  18.1得点 5.4リバウンド 2.8アシスト FG42.2% 3P34.3%
2022-23 19.6得点 5.0リバウンド 2.8アシスト FG43.4 % 3P31.0% 

名門デューク大学で、怪物ザイオン・ウイリアムソンらとともに旋風を巻き起こし、2019年のNBAドラフト1巡目全体3位でニューヨークニックスに指名されたバレット。

2017年にエジプトのカイロで開催されたUー19バスケットボールワールドカップでは、エースとしてカナダを優勝に導き、大会MVP、ベスト5、得点王を受賞しています。

大きな期待を背負ってニックス入りしましたが、好不調の波の大きさが大きく、シュート成功率が低いことから、十分に期待に応えているとは言えない状態が続いていますね。

ただ、優秀なディフェンダーでもあるバレットは、相手のエースを抑え込むこともできる貴重な存在です。

2022年の夏には、ドノバン・ミッチェル(当時ユタ・ジャズ)のトレード相手として、名前が挙がっていたバレット。

しかし、ミッチェルとのトレードがまとまらないとみると、ニックスのフロントは、突然4年最大1億2000万ドル(約166億円)の契約延長を提示し、合意します。

ニックス球団社長のレオン・ローズは、「彼(バレット)のような選手を中心に、チーム文化を築き上げていきたい。」と期待を寄せていました。

ニックスが巨大な契約を結んだことに否定的なファンもいますが、まだ23歳と若く、優秀なディフェンダーで、バスケIQも高いバレットは、カナダ代表のチームメイトである、シェイ・ギルジャス・アレキサンダーのように、大化けする可能性も秘めていると思います。

ポテンシャルはオールスタークラス。

ただ、アウトサイドシュートの波が大きいんですよね。

それでも、クラッチタイムの勝負強さは、特筆すべきものがあります。

特に印象に残っているのが、2022年1月6日に行われた、ボストン・セルティックス戦。

相手が格上のセルティックスだったこともあり、観ていて大興奮したことを覚えています。

バレットはやればできる子です(笑)。

今回、カナダ代表の初戦、フランス戦では、シュートを10本打って1本しか決まらず、5得点と絶不調でしたが、2戦目のレバノン戦では12本試投の7本成功で17得点、3戦目のラトビア戦は、14本の試投で9本成功の22得点と、復調しています。

カナダ代表が勝ち抜いていくためには、バレットのシュート力とディフェンス、そしてクラッチタイムでの爆発が、かかせないと思います。

ぜひ、カナダ代表で覚醒し、2023-24シーズン、オールスターに選ばれるような活躍をみせてほしいですね。

カナダ代表 背番号24 ディロン・ブルックス

所属 ヒューストン・ロケッツ 背番号9 
ドラフト 2017年2巡目全体45位
通算  14.5得点 3.1リバウンド 2.1アシスト FG41.6% 3P34.2%
2022-23 14.3得点 3.3リバウンド 2.6アシスト FG39.6% 3P32.6% 

メンフィス・グリズリーズの悪童、ディロン・ブルックス。

これまで、数々のトラブルを巻き起こしてきたトラブルメーカーは、ついにグリズリーズから放出されました。

2022-23シーズン、行き過ぎたトラッシュトークでレブロンを怒らせたり、ルーズボールを追いかけた際カメラマンを突き飛ばしたり、会見を拒否したりと、罰金を科されることが度々ニュースになっていましたね。

2022年のカンファレンスファイナルでは、活躍していたゲイリー・ペイトン2世(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)がレイアップに行くところ、背後から無茶なブロックに飛び、左ひじを骨折させた事件もありました。

グリズリーズは昨シーズン、問題児ジャ・モラントと、このディロン・ブルックスのおかげで、チームとしてもダーティーなイメージがついたような気がします。

ただ、選手としての実力は確かです。

2022-23シーズンには、NBAオールディフェンシブセカンドチームに選出。

現在のNBAで、3&D(攻撃では3ポイントシュートを得意とし、ディフェンスでは相手エースを封じ込める)の代表格と言えるのではないでしょうか?

この夏、ヒューストン・ロケッツと4年8000万ドル(約115億2000万円)の大型契約を結んだブルックス。

正直、金額の大きさに驚きましたが、ロケッツはドラフトで、ブルックスを2巡目全体45位で指名したチーム。

元々評価は高かったのかもしれません。

ロケッツはフレッド・バンブリートと、3年1億3000万ドル(約180億円)の超超大型契約も結びました。

ロケッツの新ヘッドコーチは、ボストン・セルティックスを女性トラブルで追放となったエメイ・ユドカ。

うーん、ここ数年、リーグの最低勝率争いをしているヒューストン・ロケッツですが、今期も正直上手くいく気がしないような・・・。

とにかく、バスケワールドカップ2023において、ブルックスは主力として活躍をみせています。

初戦のフランス戦では、フィールドゴール6本中5本を沈め、12得点を記録し、強豪撃破に貢献しました。

圧勝したレバノン戦でも、フィールドゴール5本中4本成功の10得点。

3戦目のラトビア戦では、フィールドゴール6本中2本成功の6得点と、シュートは低調でしたが、4アシストと3スティールを記録しています。

特筆すべきは、シュート乱発型と批判されることも多いブルックスが、シュートを我慢している点です。

2021-22シーズンには、グリズリーズで、1試合平均16.4本シュートを放っていたブルックス。

シュート成功率が低いのに、チームのエース並みにシュートを乱発していました。

今回のバスケワールドカップを観ていて、「ブルックスやればできるじゃーん。」と思っているのは僕だけではないはずです。

ディフェンスの強さは誰もが認めるところ。

今回のワールドカップでカナダを優勝に導く活躍ができれば、2023-24シーズン、一皮むけたディロン・ブルックスがロケッツを牽引し、プレーオフ進出・・・・・は難しいですかね。

まとめ

今回は、バスケワールドカップ2023で、旋風を巻き起こしているカナダ代表について語りました。

とにかく、観ていて面白いカナダ代表。

現在のアメリカ代表を、正面から力でねじ伏せることができるのは、カナダ代表だけかもしれませんね・・・。

と、ここまで書いたところで、大変なことが起こりました。

カナダ代表が、65対69のロースコアで、NBA選手のいない、ブラジル代表に敗れてしまったのです。

予想通り、「ヒョコっと」敗けてしまいましたね。

SGA23得点、ルーゲンツ・ドート17得点と、オクラホマシティ・サンダー組はいつもどおりの活躍をみせましたが、RJ・バレット(4得点 FG12.5%)、ディロン・ブルックス(2得点 FG0%)など、ほかの主力たちが、ブラジルのディフェンスに、抑え込まれてしまいました。

このカナダの予想外の敗戦により、2次ラウンドⅬ組の4チームは、すべて3勝1敗で並んでいます。

まあ、この組で盤石の強さを誇っていると思われたスペイン代表も、ラトビア代表に69対74で敗れていますからね。

得失点差でカナダが1位ですが、まだ全く分かりません。

グループL 順位表(9月2日付)
1位 カナダ  3勝1敗 得失点差107
2位 スペイン 3勝1敗 得失点差 63
3位 ブラジル 3勝1敗 得失点差 39
4位 ラトビア 3勝1敗 得失点差 20 

いやあ、面白いですね。

こうなると、本当にカナダがどっちに転ぶか、わからなくなってきました。

過去最強のメンバーで、優勝争いにからむのか?

いつものように、2次リーグでコロッと姿を消すのか?

日本代表の躍進で、バスケワールドカップ最高に盛り上がっていますが、ぜひ世界の強豪国の争いにも、注目してほしいと思います。

今回のバスケワールドカップ2023を観て思うのは、「世界のバスケのレベルが上がっている」ということです。

日本はもちろん大きな進歩をみせていますが、世界のレベルも大きく上がっています。

これは、1992年のバルセロナオリンピックにアメリカが送り込んだ、「ドリームチーム」の影響が大きかったからだと考えられます。

マジック・ジョンソン、ラリー・バード、マイケル・ジョーダン、チャールズ・バークレーなど、当時最強のNBA軍団が、国際試合で与えたインパクトは、計り知れないものでした。

世界を熱狂させた、初代ドリームチームの真実を、インタビューや当時の映像でひも解いた番組が、U-NEXTで放送されている「ドリームチーム 世界を変えたバスケ界のレジェンドたち」です。

1話41分、全5話で、当時のNBAの盛り上がりからドリームチーム結成の経緯、当時非公開だった激しい紅白戦の様子、そしてドリームチームが世界に与えた影響など、とても興味深い内容となっています。

ドリームチームメンバーがどこに行ってもファンに囲まれ、身動き取れない中、ジョン・ストックトンだけが家族で普通に買い物し、誰にも気づかれない姿が印象的でしたね(笑)。

NBAのレジェンドたちが、最も輝いた時代を、ぜひ体験してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次